引越しの時期による割増及び割引

引越しの時期

引越しのシーズンオフは年間を通して1月、2月となります。

 

この時期は大幅な値引きが可能です。

 

逆に3月下旬から4月上旬、12月下旬は最盛期になります。

 

この時期は割増料金になる可能性が高いです。

 

引越料金の相場は時期により大きく変動します。

引越しの時期 繁閑指数
1月 30(閑散期)
2月 35(閑散期)
3月

1日〜19日
20日〜31日


350(繁忙期)
1150(最繁忙期)

4月

1日〜5日
6日〜第3週
第4週〜末日


1150(最繁忙期)
350(繁忙期)
450(繁忙期)

5月

1日〜第2週
第3週〜5月末


450(繁忙期)
200(繁忙期)

6月 100(標準)
7月

1日〜第2週
第3週〜7月末


100(標準)
300(繁忙期)

8月

1日〜第3週
第4週〜末日


200(繁忙期)
300(繁忙期)

9月 100(標準)
10月 100(標準)
11月 100(標準)
12月

1日〜第3週
第4週〜末日


100(標準)
350(繁忙期)

基本的に引越しには実地での見積もりが必要です。
(単身パックは除く)


・1月、2月は(閑散期)なので定価の最大で50パーセントの割引も期待できます。
・3月20日から4月5日は(最繁忙期)なので定価の最大で250パーセントの割増が認められています。
・(標準)の時期には定価の最大で25パーセントの割引もあります。
・(繁忙期)には基本的に割引はありません。
・雪国では冬季に雪による割増があります。

 

見積もりをとるというと、かなり根拠のある正式なものだと考える人が多いですが


よくよく考えてみると見積もりは人間が作るものですから絶対的なものではありません。


見積もりには交渉の余地がかなり多くの部分であるのです。


見積もりを見て高いとか、「そんなにするの?」とかフランクに聞いてみるのが良いのです。


営業マンの人にしても詳しく説明してくれるはずです。


そして他社の見積もりも比較していくうちに自分が納得できたりして最終的な着地点が見つかります。

 

定番の引越し一括見積もりサイト

同市内の引越し料金を安くするには複数社に見積もりをしてもらうことです。


複数社から見積もりを取るのはたいへんですが一括見積もりを使えばカンタンです。


複数社の見積もりを比較後、あなたの意中の引越し社に最安値と同額かそれ以下にならないかを交渉する方法が実戦的です。


<一括見積ベスト2>

引越し価格ガイド

引越し侍